プライスは上下五分五分のランダムウォーク  勝ちを引き寄せるは相場確率と戦略による  為替相場をこよなく愛するごぶごぶFXのごぶごぶです 
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012-06-23 (土) | 編集 |
「システムトレード 基本と原則」はブレント・ペンフィールド著の書籍の題名です(パンローリング出版)

リンクしていただいている、あっとないとさんの「FX専業トレーダーの生活!!」のブログで紹介されておりました

早速購入して、とりあえずざっと目を通して、うむうむ、きちんと細かく読みなおそうと久しぶりに思った本です。

確かに良著! 良い本をお知らせ頂いてありがとうございます。

良著ですので私からもお勧めしておきます。

中身は伏せますが、どうだろ、自分のレベルはFX初めて6年以上経ちますが、定義からしたら3年目の1学期か2学期くらいですかね・・・

個人的に自分を知る人は、ウンチクはたれるしそれなりにトレードもするしで勝ち組だと思ってるんでしょうが、
いつまで利益を上げ続けられるかの保証がないレベルである事に間違いないですネ。
ましてや億万長者になったわけでなし。

著者はエリオット波動の呪縛からとかれるのに15年を要したと記されています。

自分自身エリオット波動はそれなりに学びましたので、その有用性は十分にあると思っていますが
ただし、今の自分のトレーディングにとっては、分析に関わるタフさと不確定さからトレードには取り入れないようになりました。
(チャート分析には今でも使っています)

エリオット波動理論は5波動3段上げと調整3波のルールとフィボナッチとの両輪で波動付けをしていく中で
次の波の予測を立てるという意味において実にドラマティックでありロマンがあるので好みです。

近年のエリオットルールではより実践向きにガイダンスが加えられて進化もしくは複雑化されてきています。
例えばマイナー比率のフィボナッチが加えられたり、有名なところではリーディングやエンディングのダイアゴナルというのも近年のルールです。

自分個人としては5波動3段上げと調整3波という単純な形とメジャー数値のフィボナッチという形に落とし込んで相場を見ながら、
先の近代化するエリオットルールガイダンスと照らし合わせたりしてきましたので
これらはとどのつまり共通するところにたどり着くと確信はしています。

じゃあなんで使わないのかってなるんですが、トレーディングという形にするのに結局色々なものをそぎ落としていくと
最終的にはフィボナッチに行き着いて、つまり波数うんぬんより数値のほうが遥か有利だと感じたから。

今日、途中まで本を読んでみて、
自分がエリオットを語らなくなった理由は、要するに相場確率に落とし込めないということろにあったのかと、ふと感じた。

チャート分析には今でも見立てで使いますが、トレーディングにはあまり使わなくなったというのが実情であります。

チャート分析とセットアップ、エントリー手法
やはり個別であり重複させねばならないと感じた今夜です。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。