プライスは上下五分五分のランダムウォーク  勝ちを引き寄せるは相場確率と戦略による  為替相場をこよなく愛するごぶごぶFXのごぶごぶです 
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012-04-28 (土) | 編集 |
ドル円は当初の見立の下辺は届いたので追い打ち売りは既に利益を確保してある。
昨夜のブログのまんまです。

実際このブログを読んでも、読む側と実際エントリーからなにからを手配する側からは温度差がるので
そこまではニュアンスは伝えきれない
ドル円に関しては80割れを狙いながら、逃げたり足したりのトレードが自分のやりかた。
ただ行き着くところは自分なりドテンありきな場所まで追いつめていく事も少なくないです


そこから先はチャレンジというか、自分からすればチャレンジの場所であって
80近辺や79中盤というのがありますが、
博打とまではいいませんが、自分の思惑に近づいたらという風にリスク分を先にカットしてしまってポジを残して
怪我をしないような手配は既に済んでいます。
てか、やられてもプラスで終わります。

それはさておき、チャートをみて特に目を引くのが底打ち感ただようオージー

本来ならどんぴしゃで底を捉えたモノは、これまでなら1枚でも残して釣りでいう浮のように置いていたけれど
最近なんだかさっぱりしてしまって、別のトレードで負けた補填だなんだとなると全部決済して終わらしてしまうのが玉にきず
でも今のスタイルだから仕方がない

でもでも、週明けオープンでロング入れてみよう

要所はどこか
1.05手前と中盤上から1.07手前
なんだけど、中期的にもっともっと面白いことが起こる可能性を秘めた足と感じる

外れたら損切ればいいじゃないか
リスク内の話だし
チャートトレーダーのくせに、感じたことに体が素直に動かない事の方がもっと楽しくない

ということで、オープンロング。
ユーロドルも追加という意味もありますが、流れが変わるまでは押し目拾いに徹します。
そこまでリスクはとれないし、目が届かないってのもあるんですが、
ユーロドルが週足月足の節目1.324~5に乗せきれなかったことや
ポンドドルの中期的な上値抵抗のトレンドラインに迫りつつあるというのがあるから
落ちてきたら拾ってみるくらいしかできない
ドル円も上げてきたら頭をたたくしかできない
尚且つポンドドルは短期カウンターのショート構築しているし・・・

なので早々にリスクをとっていくのはオージーだけ
それで十分だ



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。