プライスは上下五分五分のランダムウォーク  勝ちを引き寄せるは相場確率と戦略による  為替相場をこよなく愛するごぶごぶFXのごぶごぶです 
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012-06-29 (金) | 編集 |
一ヶ月前からのトレード方針そのままですが
とりあえずここまでは順調に利を伸ばしてくれている

よくやる失敗は妙にじぶんのぽじに自信を持ちすぎて利益を全部はきだすこと

欲張ると利がなくなるし、コツコツ世話すると変なところでストップアウトするし。。

とりあえずストップは80.1において45pは確保

欲望を残しながらおりあいつけるに、それくらいしかての打ちようがない。。


2012-06-24 (日) | 編集 |
ドル円は何せ動きが鈍いもんでブログ書きも進まない・・・

77円中盤からの切り返しロングは伸びたり縮んだりでようやくリミット到達

2012/06/02 ドル円 流石に逆張りは厳しかった

で、今どうしてるかってと、@80.55にて20pだけリスクをとって、どってん売り仕掛けてます。

6/2のブログでのロング戦略は波動特性とフィボナッチによるものですが
3月中旬からの下落が5波動での下落であるのか、a-b-c(a:c 1:0.618)であるのか
そんな事はどうでもよく、また現時点で帰属できようもないでしょうから考えても意味がない

リミット到達 ラッキー! で、ネックラインでありレジスタンスでどってん売り ただそれだけ。
短期のトレンドは無視してますが、リスク20pだけっすから。
はまれば76中盤と74てのも頭に浮かぶし。

上に抜けしたらロングも一向
でもたぶん手は出さないおもう・・・


001_20120624120230.gif







2012-06-23 (土) | 編集 |
「システムトレード 基本と原則」はブレント・ペンフィールド著の書籍の題名です(パンローリング出版)

リンクしていただいている、あっとないとさんの「FX専業トレーダーの生活!!」のブログで紹介されておりました

早速購入して、とりあえずざっと目を通して、うむうむ、きちんと細かく読みなおそうと久しぶりに思った本です。

確かに良著! 良い本をお知らせ頂いてありがとうございます。

良著ですので私からもお勧めしておきます。

中身は伏せますが、どうだろ、自分のレベルはFX初めて6年以上経ちますが、定義からしたら3年目の1学期か2学期くらいですかね・・・

個人的に自分を知る人は、ウンチクはたれるしそれなりにトレードもするしで勝ち組だと思ってるんでしょうが、
いつまで利益を上げ続けられるかの保証がないレベルである事に間違いないですネ。
ましてや億万長者になったわけでなし。

著者はエリオット波動の呪縛からとかれるのに15年を要したと記されています。

自分自身エリオット波動はそれなりに学びましたので、その有用性は十分にあると思っていますが
ただし、今の自分のトレーディングにとっては、分析に関わるタフさと不確定さからトレードには取り入れないようになりました。
(チャート分析には今でも使っています)

エリオット波動理論は5波動3段上げと調整3波のルールとフィボナッチとの両輪で波動付けをしていく中で
次の波の予測を立てるという意味において実にドラマティックでありロマンがあるので好みです。

近年のエリオットルールではより実践向きにガイダンスが加えられて進化もしくは複雑化されてきています。
例えばマイナー比率のフィボナッチが加えられたり、有名なところではリーディングやエンディングのダイアゴナルというのも近年のルールです。

自分個人としては5波動3段上げと調整3波という単純な形とメジャー数値のフィボナッチという形に落とし込んで相場を見ながら、
先の近代化するエリオットルールガイダンスと照らし合わせたりしてきましたので
これらはとどのつまり共通するところにたどり着くと確信はしています。

じゃあなんで使わないのかってなるんですが、トレーディングという形にするのに結局色々なものをそぎ落としていくと
最終的にはフィボナッチに行き着いて、つまり波数うんぬんより数値のほうが遥か有利だと感じたから。

今日、途中まで本を読んでみて、
自分がエリオットを語らなくなった理由は、要するに相場確率に落とし込めないということろにあったのかと、ふと感じた。

チャート分析には今でも見立てで使いますが、トレーディングにはあまり使わなくなったというのが実情であります。

チャート分析とセットアップ、エントリー手法
やはり個別であり重複させねばならないと感じた今夜です。




2012-06-19 (火) | 編集 |



002_20120619223801.gif




001_20120619223750.gif


1.263 1.265 ロングエントリー

1.263はすでに執行でストップ1.256→1.59

1.265待ちだけれどジワジワ下げはじめている模様

1.265超えられず損切りの場合は1.265おっかけも中止


2012-06-18 (月) | 編集 |
ユーロドルロング押し目狙いと思ってましたが難しいことになってきた・・・

1.258は4時間足レベルの短期サポートで潜りぬけられるようだと厄介だ

反撃には1.2615 1.264とするなら逆さしロング

が、今のところストップが明確でないため便宜上1.2575でとりあえず予約


001_20120618223711.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。